最初は、お食事デートでしたが、少しずつ変化が生まれてきました。
男性が経営しているお店に連れて行かれ、厨房で料理を作ってみてくれと言われたりもしました。
また、調理師たちが料理を作っているところも見せてもらえる。
レシピなども教えてもらえるようになっていきました。
これは、もしかしたらという気持ちにさせられました。

 

 デートでお金をいただく関係を続け、さらに料理のアイデアを男性に伝えたり、男性のお店の料理のレシピを教えてもらったりなど、いろいろなことを経験していくことになりました。
そして、とうとうその時がやってきたのです。
「随分料理のアイデアなども考えているし、料理も美味しい。真剣なのもよくわかる。開業資金の援助をしようと思う」
男性が、パトロンになってくれると言ってくれた瞬間でした。
喜びのあまり、飛び上がってしまいそうな気持ちになりました。
お金くれるパパになってくれました。
資金提供だけではなく、経営ノウハウなども教えてくれるそうです。
料理なども、アドバイスを与えていくと言ってくれました。
もちろん、お店を選ぶのもお手伝いをしてくれる。
金銭だけではないサポートを、出会い系サイトで知り合った男性から受けることが決まりました。

 

 元同僚から聞いた話から始まったことです。
自分の店を経営するため、パトロンが欲しいと思いました。
元同僚から聞いた出会い系サイトの、ハッピーメールとJメールを利用。
いろいろな方たちとやりとりをして、時間はかかったけれど、素敵なパトロンと知り合うことに成功です。
こんな晴れやかな気分、いつぶりに味わっているんだろうという感じです。
飲食店を経営している方から、サポートを受けられているのです。
絶対にお店をオープンして、成功させる自信が持てている状態です。